分子スピンシンポジウム

第6回シンポジウム(国際)

English

主 催: 本科研費総括班
後援: 日本化学会
日程: 3月14日(水)〜15日(木)
場所: 名古屋大学野依記念物質科学研究館
http://www.nagoya-u.ac.jp/en/out/higashiyama.html
 
参加費: 無料
懇親会費: 5,000円(予定)
問合先: (名大院理)阿波賀邦夫
TEL: 052-789- 2487   E-mail: awaga@mbox.chem.nagoya-u.ac.jp


招待講演  
  1. "Electrical conduction through molecular wires: from nanoparticle arrays to single molecules" D. Bethell (Liverpool大)
  2. "Techniques and applications of overhauser effect MRI" D. J. Lurie (Aberdeen大)
  3. "Self-assembled nanoporous molecular magnets" J. Veciana (Bellaterra大)
  4. "Multifunctional molecular magnetic materials" M. Verdaguer (Pierre et Marie Curie大)
  5. "Encapsulation of magnetic nanoparticles in biomolecules" E. Coronado (Valencia大)


<プログラム>
3月14日(火)
[座長:Takeji Takui]
09:10-09:20 Opening Remarks Kunio Awaga
09:20-09:40 【O01】Spin-Center Transfer and Solvato-/Thermochromism in A Purely Organic 6-Oxophenalenoxyl Neutral Radical System Yasushi Morita(A01-03)
09:40-10:00 【O02】Photo-Induced Spin Alignment and Unique Spin Polarized Photo-Excited High-Spin State of p-Conjugated Organic Spin Systems Yoshio Teki(A01-05)
10:00-10:20 【O03】Magnetic Local Structures in Bulk and in Nano Particles Studied by Solid-State NMR Modulation of Co-tunneling Electron in Terms of Spin-polarized Wire Molecule in Networked Gold Nanoparticles Sadamu Takeda(A01-04)
10:20-10:40 【O04】Bistabilities and Switching Effects in Thiazyl Radicals Kunio Awaga(A01-02)
10:40-11:00 Coffee Break
[座長:Toshihiko Yokoyama]
11:00-11:20 【O05】Modulation of Co-tunneling Electron in Terms of Spin-polarized Wire Molecule in Networked Gold Nanoparticles Tadashi Sugawara(A02-07)
11:20-11:40 【O06】Magnetic Tensors of Diphenylnitroxide (DPNO), A Stable Qubits Radical for Electron-Spin Bus Q Takeji Takui(A02-08)
11:40-12:20 【Invited】Self-Assembled Nanoporous Molecular Magnets Jaume Veciana
12:20-13:30 Lunch
[座長:Tadashi Sugawara]
13:30-14:10 【Invited】Electrical Conduction through Molecular Wires: From Nanoparticle Arrays to Single Molecules Don Bethell
14:10-14:30 【O07】Precision Synthesis of Thiolated Gold Clusters Tatsuya Tsukuda(A02-10)
14:30-14:50 【O08】Possibility of Magnetic Imaging Using Photoelectron Emission Microscopy with Ultraviolet Lights Toshihiko Yokoyama(A02-10)
14:50-15:10 【O09】Characterization of Nano-Sized Magnetite Obtained from Magnetic Bacteria Tsuyoshi Tanaka(A02-07)
15:10-15:30 【O10】Preparations of Nucleotide Oligomer and Dendritic Derivatives Carrying Nitronyl Nitroxides and Their Proton Relaxivities Noboru Koga(A03-12)
15:30-15:50 Coffee Break
[座長:Noboru Koga]
15:50-16:30 【Invited】Encapsulation of Magnetic Nanoparticles in Biomolecules Eugenio Coronado
16:30-16:50 【O11】Structure-Activity Relationship of the Tocopherol-Regeneration Reaction by Catechins Kazuo Mukai(A03-13)
16:50-17:10 【O12】Simultaneous Molecular Imaging of Redox Reactions Monitored by Overhauser Enhanced Magnetic Resonance Imaging with Nitroxyl Radicals Hideo Utsumi(A03-14)
17:10-17:50 【Invited】Free Radical Imaging by Magnetic Resonance David Lurie
17:50-20:00 Banquet
3月15日(水)
[座長:Kunio Awaga]
9:00-9:30 【Invited】One-Dimensional Paramagnetic Platinum Complexes with Pt-Pt Bonds Kazuko Matsumoto
9:30-10:00 【Poster Talk】
10:00-11:30 【Poster】
11:30-12:10 【Invited】 Multifunctional Molecular Magnetic Materials Michel Verdaguer
12:10 Closing Remarks Tadashi Sugawara


ポスターセッション
(班員発表)


*ポスタートークをして頂く方です。
【P01】 Bistabilities and Switching Effects in Thiazyl Radicals Kunio Awaga (Nagoya Univ., A01-P02)
【P02*】 Effects of magnetic fields on cell membrane fluidity in RBC ghost Masakazu Iwasaka (Chiba Univ., A01-P02), S. Ueno
【P03*】 Characterization of the Co Hollow Sphere on the Surface Toshifumi Terui (Nat. Inst. Info. & Commun. Tech., A01-P02), T. Nagase, Y. Koduka, Ye Q.-L., H. Hasegawa, H. Yoshikawa, M. Onishi, S. Mashiko, K. Awaga
【P04】 Spin-Center Transfer and Solvato-/Thermo-chromism in a Purely Organic 6-Oxophenalenoxyl Neutral Radical System Yasushi Morita (Osaka Univ., A01-P03), S. Nishida, K. Fukui, K. Sato,
【P05】 Magnetic Local Structures in Bulk and in Nano Particles Studied by Solid-State NMR Sadamu Takeda and G. Maruta (Hokkaido Univ., A01-P04)
【P06】 Photo-Induced Spin Alignment and Unique Spin Polarized Photo-Excited
High-Spin State of p-Conjugated Organic Spin Systems
Yoshio Teki (Osaka City Univ., A01-P05)
【P07】 Magnetic Properties and Spin Coupling of Metal Complexes using Photo-Excited High-Spin Organic Systems Naoaki Mihara, Y. Teki (Osaka City Univ., A01-P05)
【P08】 Uniquly Polarized Photo Excited Quartet State Generated through Ion Pair State Hirotaka Tamekuni, Y. Teki, J. Takeuchi, Y. Miura (Osaka City Univ., A01-P05)
【P09】 Electronic States of CT Complex Using p-conjugated Spin Systems with Photo-Excited Quartet High-Spin State as the Electorn Donor Tetsuya Toichi and Y. Teki (Osaka City Univ., A01-P05)
【P10*】 Diarylethene Photochromic Spin Coupler Kenji Matsuda and M. Irie (Kyushu Univ., A01-P06)
【P11】 Modulation of Co-tunneling Electron in Terms of Spin-polarized Wire Molecule in Networked Gold Nanoparticles Tadashi Sugawara (The Univ. of Tokyo, A02-P07), M. Minamoto, M. M. Matsushita
【P12*】 Magnetic Responses of Self-aggregates of Amphiphiles in Water* Kentaro Suzuki, T. Toyota, M. Iwasaka, S. Ueno, T. Sugawara (The Univ. of Tokyo, A02-P07)
【P13*】 Current-Induced Low-Resistance State and Its X-Ray Crystallographic Analysis of a TTF-Based Cyclophane Donor Salt During Current Application Michio M. Matsushita and T. Sugawara (The Univ. of Tokyo, A02-P07)
【P14】 Characterization of Nano-Sized Magnetite Obtained from Magnetic Bacteria Tsuyoshi Tanaka (Tokyo Univ. of Agri. & Tech., A02-P07), M. Matsushita,
【P15*】 Homo- and Hetero metal Single-molecule Magnets Masayuki Nihei (Tsukuba Univ., A02-P07), S. Koizumi, A. Yoshida, H. Kouen, M. Nakano, H. Nojiri, H. Oshio
【P16*】 Reaction Time-Induced Structural Conversion of Cobalt Hexacyanoferrate Metal Coordination Nano-Polymers in Cationic Reverse Micelles Mami Yamada, T. Sato, M. Miyake (JAIST, A02-P07)
【P17】 Magnetic Tensors of Diphenylnitroxide (DPNO), A Stable Qubits Radical for Electron-Spin Bus QC K. Sato, R. Rahimi, S. Nishida, D. Shiomi, K. Toyota, A. Ueda, S. Suzuki, Y. Morita, K. Nakasuji, M. Kitagawa, Takeji Takui (Osaka City Univ., A02-P08)
【P18*】 Molecular Designing and Crystal Engineering of Nucleobase-Substituted Radicals as Models for Bio-Inspired Molecule-Based Magnets Daisuke Shiomi (Osaka City Univ., A02-P08), T. Ise, K. Maekawa, M. Nozaki, H. Tanaka, H. Takenaka, K. Sato, T. Takui
【P19*】 Generation and Interconversion of Molecular-Spin based Quantum Entangled States by Pulsed ENDOR Technique Kazunobu Sato (Osaka City Univ., A02-P08), R. Rahimi, T. Niinou, S. Nishida, A Ueda, S. Suzuki, Y. Morita, K. Furukawa, K. Toyota, D. Shiomi, T. Nakamura, M. Kitagawa, K. Nakasuji, T. Takui
【P20】 Ab initio Calculation of Zero Filed Splitting Parameters in Organic Molecules: Application of the UMP2 theory to Two-Electron Spin-Spin Interaction Term Kazuo Toyota, K. Sato, D. Shiomi, T. Takui (Osaka City Univ., A02-P08)
【P21】 Optical Properties of Single Gold Nanoparticle Crystal Tsuguo Oonishi, S. Sato, H. Yao, Keisaku Kimura (Univ. of Hyogo, A02-P09)
【P22】 Possibility of Magnetic Imaging Using Photoelectron Emission Microscopy with Ultraviolet Lights T. Nakagawa, Toshihiko Yokoyama (Institute for Molecular Science, A02-P10)
【P23】 Precision Synthesis of Thiolated Gold Clusters Tatsuya Tsukuda (Institute for Molecular Science, A02-P10)
【P24】 Fabrication of Ferromagnetic Oxide Nano-Electrode toward Molecular Spin Devices Hidekazu Tanaka (Osaka Univ., A02-P11)
【P25】 Preparations of Nucleotide Oligomer and Dendritic Derivatives Carrying Nitronyl Nitroxides and Their Proton Relaxivities M. Aso, S. Karasawa, Noboru Koga (Kyushuu Univ., A03-P12)
【P26*】 Construction of Monometallic Single-molecule Magnet in Frozen Solutions Satoru Karasawa and Noboru Koga (Kyushu Univ., A03-P12)
【P27】 Structure-Activity Relationship of the Tocopherol-Regeneration Reaction by Catechins Kazuo Mukai (Ehime Univ., A03-P13), S. Mitani, K. Ohara, S. Nagaoka
【P28】 Simultaneous Molecular Imaging of Redox Reactions Monitored by Overhauser Enhanced Magnetic Resonance Imaging with Nitroxyl Radicals Hideo Utsumi (Kyushu Univ., A03-P14), K. Yamada, K. Ichikawa, K. Sakai, K. Yasukawa, Y. Kinoshita, S. Matsumoto, R. Miyakawa, K. Okuma, M. Nagai, S. Ozato
【P29*】 Surface-Coil-type Resonators Consisting of an Irradiation and Receiver Coil System for EPR Measurements at 700 MHz Hidekatsu Yokoyama (AIST), T. Sato, Tetsuhiko Yoshimura (A03-P15)
【P30*】 Nitrative signal transduction: a unique signaling pathway mediated via NO-dependent nitration of guanosine derivatives Tomohiro Sawa, T. Akuta, K. Kaneko, Y. Tokutomi, S. Mitsuyama, H. Nakayama, H. Arimoto, Takaaki Akaike (Kumamoto Univ., A03-P16)
【P31*】 Theoretical studies on electronic structure and protonated form of active site of azurin Hidemi Nagao, K. Sugimori, T. Ito, A. Sugiyama, Y. Takamatsu, K. Nishikawa



第6回「分子スピン」シンポジウム(国際)報告 平成18年3月14,15日の両日、名古屋大学野依記念物質科学研究館において、第6回「分子スピン」シンポジウム(国際)が開催された。
平成16年には、菅原と阿波賀が、筑波大学の大塩とともに分子磁性国際会議を主催しているが、国際会議としてはそれ以来のものである。
最終年度を目前にして、特定領域としての成果を国際的に発信するとともに、また関連分野で指導的な立場にある国際的な研究者から助言を得ることを目的とした。
会議の前日、外国人招待講演者のD. Bethell教授 (Liverpool大学) 、E. Coronado教授 (Valencia大学)、D. J. Lurie教授 (Aberdeen大学)、J. Veciana教授(Barcelona大学)、M. Verdaguer教授(Pierre et Marie Curie大学)と総括班メンバーとの顔合わせ会があり、阿波賀より歓迎の意が表されるとともに、このシンポジウムの主旨について説明が成された。
14日朝の会議の冒頭、阿波賀より、日本の科学研究費事業や特定領域研究の位置づけ、本領域形成の目的とこれまでの経緯や研究の進捗現状についての説明があった。
引き続いて研究発表に移り、森田は、新規に合成した6-Oxophenalenoxylにおいて、溶媒や温度変化によって誘起される分子内電荷移動について報告した。
手木は、励起三重項状態をもつ閉殻分子で二つのラジカル部位を架橋した系において、光励起高スピン状態の生成を時間分解ESRによって実証した。
武田は、バルクとナノスケールの分子性反強磁性体のNMRを計測し、この比較から表面スピンに起因すると考えられる異常を報告した。
阿波賀は、環状チアジルラジカルにおける物性開拓研究を報告し、電荷移動相転移や負性抵抗現象の発現を示した。
菅原は、有機ラジカル部位を含む分子で金ナノ粒子間を架橋した有機−無機複合系の電気特性を紹介し、コトンネリング機構を提唱した。
工位は、ジフェニルニトロキシルの磁気テンソルの精密測定を報告し、量子計算への展開を議論した。
午前の最後にはVeciana 教授の招待講演があり、ナノポーラス構造を有する有機ラジカル超分子結晶の合成と磁気測定についてご紹介いただいた。
昼食後はBethell教授の招待講演からはじまり、有機界面活性剤を利用した金微粒子合成のパイオニア研究から、最近の単分子電気伝導度計測までを解説いただいた。
佃は、サイズ選択された金微粒子合成とその触媒特性にいて報告した。横山は、磁性薄膜に対する可視・紫外光励起光電子分光において、著しい磁気円二色性の観測について発表した。
田中(剛)は、走磁性細菌を利用した、サイズ・形状制御されたマグネタイトの合成について報告した。
古賀は、MRIイメージングへの応用を目指した水溶性有機ラジカルの合成と、水プロトンの核スピン緩和能について発表した。
小休止の後、Coronado教授の招待講演に移り、フェリチンをキャビティーとしたナノ磁性体の合成とその磁気的性質についてご紹介いただいた。
向井は、ストップトフロー法を用いたカテキン類とトコフェロキシラジカルの反応速度計測について説明した。
Lurie教授の招待講演では、ESRやオーバーハウザー効果を利用したNMRによるラジカル種のイメージングと、生命科学への展開を分りやすく解説いただいた。
内海は、窒素同位体置換した有機ラジカルについて、オーバーハウザー効果NMR計測の成功を報告した。
この日の夕刻には懇親会が開催され、評価・助言担当の岩村秀教授および招待者のVerdaguer教授にスピーチを頂き、国際的な懇親の場をもった。
3月15日は、松本和子早稲田大学教授の招待講演からはじまった。
白金−白金あるいは白金−ロジウム結合を持つ一次元錯体の合成と物性についてご紹介いただいた。
その後ポスタートークと1時間半のポスターセッションを行った。
会の締めくくりに、Verdaguer教授の招待講演があり、高転移温度や光機能性など、様々な複合機能をもつ分子性磁性体の研究についてご紹介いただいた。
全体討論では、菅原が、招待講演者に謝意を表するとともに会を総括した。散会後、Bethell教授とVerdaguer教授にお残りいただき、本特定領域研究について、インタビュー形式でご意見をいただいた。
両先生からは、今回のシンポジウムに関しても、また領域研究全体の推移に関しても、高い評価を頂戴することができた。





更新履歴 サイトマップ English All rights reserved. Copyright Application of Molecular Spins : from Nanomagnets to Biological Spin Systems. 更新履歴 サイトマップ English
更新履歴 サイトマップ English